閉じる
閉じる
閉じる
  1. 海外口座を作るなら
  2. 海外業者の日本語サポート
  3. これからはどっちがお得?
  4. 外国ブランドの魅力
  5. 海外生活の勧め
  6. 海外FX業者のスプレッドについて
閉じる

海外FXで上手に利益を出すためのヒント

海外FXで利益を出したい人は必見です。

海外FX業者で取引する意義

日本ではレバレッジ規制が始まり、2011年度からは個人口座でのレバレッジは最大25倍までに制限されています。
国内では仕方の無いことなのでしょうが、海外ではそんな制限があるところはありません(今後、出る可能性はあります)。

最近、日本人の間でも、レバレッジ規制の無い海外口座を持ちたいという要望が高まっているようです。
日本でレバレッジを上げるには、法人口座しかありませんが、法人口座の開設には何かと面倒なことも多く、必ずしもメリットばかりではないからです。

個人でFXを行うとき、どのくらいの資本を投下するのかはそれぞれですが、法人口座を作ったら毎年税金を取られたりするわけです。
利益と支出を天秤にかけて考えたとき、どちらが有利なのか良く考えて行う必要があります。
単にレバレッジのことだけを見て法人にしてしまうと、思わぬ出費を強いられてしまい、結局は大赤字になる可能性もあります。

その点、海外で口座を開くのは個人でもできますし、出入金もそれほど煩雑ではありません。
トレードの方法も同じですし、有名なメタトレーダー4を扱っている業者も多くあります。

これからレバレッジをかけてトレードを行いたいと思うなら、海外口座を考えても良いのではないでしょうか。

海外FXのメリット

日本でFXが広く一般の投資家にも行われるようになったのは、ここ数年ですね。
海外では以前から一般投資家にも為替取引が行われていました。

FXは金融商品ですので、それをいかに行いやすくするか、これが投資家を呼び込むための基本と言えるでしょう。

日本と海外では、業者の考え方が違います。
例えば日本人は安全思考なので、ばくちのような投資法は好みません。
ですので、スワップなどで少しずつでも安全に運用することを望みます。
日本の業者はスワップ金利を高めにして顧客を集めているところも多いです。
海外ではあまりスワップ金利を高くしません。
それで利益を得ると言うより、実際のトレードでの利益を大きく見て儲けるほうが主流だからです。
スワップを多くしても、顧客が集まらないのですね。

レバレッジを上げたり、証拠金を少なくしてトレードできたりと、日本の業者と似たような方法で顧客を集めています。
FX専業のところもありますし、総合証券会社が行っているところもあります。

日本だと、国内での活動しかしていませんが、本社が海外にあるようなところは7、世界中のどこに行っても支社があり、
その国のルールで取引が行えるようになっています。

海外FXの安全性

インターネットが普及すると、物品の購入を海外のショップで行うことも増えてきます。
ネットで探したショップが、たまたま海外であったり、
日本語のホームページなので、てっきり日本の店だと思ったら、海外から商品が届いたりと、こんなことも日常茶飯事になってきました。
FXの業者を探していると、普通に日本語で書かれたホームページなのに、実は海外業者出会ったりすることがよくあります。

画面のつくりや文章だけでなく、トップページの雰囲気から全てが日本人向けになっているのです。
かなり先まで読み進めないと、海外に本拠地があると言うことに気がつかないことも良くありますね。

普通はサイトの一番下のところに、表記があり、それを見れば分かるのですが、中には書いてないところもあるので注意してみないと分かりません。

ボーダーレス化している時代でも、海外の業者にお金を預けて運用するのは少し躊躇われます。
それは言葉の問題や、トラブルが発生したときにきちんと対応してくれるかどうかと言う心配、
証拠金が保全されているのかなどもありますね。

そのような心配事があるうちは、すぐに手を出すことは避けたほうが賢明です。
しっかりと下調べしてから行うべきでしょう。
ただ、日本の業者でも問題のあるところはあるのですから、海外業者だからと言って毛嫌いする必要はありません。
どこで行うかは、あなたとの相性です。

海外業者しか使ったことが無いという人もいますし、ケースバイケースなのだと認識しておいてください。

海外FXの評判

海外業者の評判をネットで拾って見ましょう。
かなりひどいことを書かれているようですね。
これは真実なんでしょうか。

実は、こういった書き込みのほとんどは思い込みか、勘違いであることがあります。

専業トレーダーに聞いても、海外の口座だから問題が発生したとかというケースはほとんど無いそうです。
事実、知り合いの自動売買を行っている方に話を聞いても、

「日本国内の業者を使ったことが無いので分からないが、出金やそのほかでトラブルになったことは一度も無い。」
と言っていました。その方は複数の外国の口座を持っていますが、入出金も問題なく行えるそうです。

対応が悪いとか、出金に時間がかかると言う文句が多いんですが、それは当たり前のことだと思います。

対応が悪い内容を確認すると、言葉の問題で相手に意思が通じていなかったと言うことが殆どです。
また海外業者の口座から日本へ資金を移動させるのはかなり時間がかかるものです。
1、2ヶ月かかっても当たり前ですし、それを知らない人が騒いでいるとしか思えません。

最近は出金から移動までかなり早く行ってくれるサービスもあるようですが、そういったことを知らないで悪い書き込みをしてる人が大変多いようです。
こういった問題の大半は、自分で経験してみないと分からないですよね。

国内の業者でも、トラブルが合った場合に早く対応してくれるところと、全然してくれないところがあります。
それと比べれば、メールで返事をしてくれて、問題を解決しようと動いてくれるところは良い会社だと思います。

海外業者の評判は、鵜呑みにせずに直接質問したりしましょう。

海外FXの問題点

これは三つに集約できると思います。

まずは言葉の壁ですね。これがあるから断念してる人も多いでしょう。
しかしこれはそんなに問題にはなりません。

日本で人気のある海外業者の殆どは日本語サイトを持っています。
日本語で質問もできますし、日本人スタッフや日本語のできる人を常駐させていることが殆どですので、
何か問題が発生しても、言葉の壁を感じることなく対応に当たってくれます。

証拠金の安全性ですが、これは業者によります。国内でも証拠金を全額信託保全していないところもあるように、
海外業者でも日本の業者以上に気を使って安全な信託を行っているところもあります。
ライセンスの問題も、業者が本籍をおいてるところに準じますが、イギリスのライセンスはかなり厳しいことで有名ですので、
イギリスの法律に準じていれば一応は安心できるでしょう。

入出金はクレジットカードか、ペイパルなどを利用すれば安全でしょう。
金額が大きければ海外送金を利用することをお勧めします。
クレジットカードですと入出金は早いですが、直接のやり取りでは時間がかかると認識しておきましょう。

チェックポイントはいくつかありますが、逆に言うと気にしすぎても意味がありません。
海外の業者を使うことに抵抗があるなら国内の業者を使えばよいだけですし、安全性も言い出したらきりがないです。

その業者に本当に問題があるなら、当然営業はできなくなる可能性が高いですよね。
少なくとも、数年は続けて活動をしてるところは問題がないでしょう。
国内でもその業者を使っている人を探して質問してみることです。

ネットに転がっているうわさはあてになりません。実際に利用してる人の声を聞くのが一番です。

ページ上部へ戻る