閉じる
閉じる
閉じる
  1. デビットカードが利用できるFX業者
  2. 金融鎖国、ニッポン
  3. WEBMONEY
  4. 海外口座を選ぶとき
  5. 海外口座の心配なこと
  6. 日本語対応の出来るFX業者を選べ!
  7. 知らない間に利用していた外資系FX
  8. オンライン決済の便利さ
  9. FX業者の口座は複数持とう!
  10. FX業者の間の関係はどうなっているのか?
閉じる

海外FXで上手に利益を出すためのヒント

海外業者の日本語サポート

FXDDなど、日本でも有名な業者のホームページを見ていただくと良いのですが。
国内の業者と全く変わりませんね。全て日本語で書かれていて、しかも細かいところまで説明があります。

メタトレーダー4が使えて、日本人の口座開設を早くから受け入れていたFXDDですが、申し込みや口座開設には少しばかり英語の読解も必要でした。

そのために書類不備で口座が開設できない人が続出し、それを解消するために、日本人専用で口座開設のためだけのホームページまで作成しています。
それくらい日本人、日本からの口座開設の申し込みが多いと言うことでしょう。

日本人スタッフも、現在6名を雇い入れて、日本からの応対を行っています。
そのためか、クレームやトラブルはかなり少なく、対応に関しては海外業者の中でも良い方だと思えますね。

全てがFXDDと同じ対応をしてるわけではありませんが、顧客になる可能性のある投資家をぞんざいに扱うような業者は少ないでしょうし、そんな業者ならわざわざ使う必要はありません。

日本国内でも海外でも、FX業者と顧客はサービスで結ばれています。
このサービスの部分をおろそかにするようであれば、どこの国であろうと、すぐにつぶれるでしょう。

サービスや顧客対応は日本のお家芸ですが、FXでは事情が違います。
圧倒的に海外業者の方が良いサービスを行っていますし、日本は規制のために遅れてしまっています。

顧客には選ぶ権利があります。どんなに良いサービスをしていても、将来のことを考えたら世界に目を向けるのは当然です。
これからは国内だけで選択するのではなく、世界を見渡して選ぶべきではないでしょうか。

関連記事

  1. 海外口座を選ぶとき

  2. オンライン決済の便利さ

  3. 日本語対応の出来るFX業者を選べ!

  4. FX業者の口座は複数持とう!

  5. 海外口座の心配なこと

  6. 海外FX業者のスプレッドについて

ページ上部へ戻る